「 本感想 」 一覧

大人になって読む童話『長靴をはいた猫』

今回読んだのはシャルル・ペローの童話集『長靴をはいた猫』であります。 前回に続き澁澤龍彦さんの翻訳本、そして河出文庫。 アイ・ラブ・河出文庫。 シャルル・ペローは17世紀のフランスの詩人。 思想や文芸 …

変態ドM女の心理学『O嬢の物語』感想

約20日ぶり、久々の更新になってしまいました。 ほんとはこの間にも書きたい記事のネタがいくつかあったのですが、私生活で色々ゴタゴタしていまして、まことままならぬ事ばかりな世の中です。 やっとこさ足元が …

彼女の幸せは砒素の味『ずっとお城で暮らしてる』感想

ここ最近、東京創元社からシャーリイ・ジャクスンの翻訳本が新たに2冊ほど出て、書店に行くと結構な割合で平積みされており、なかなかオサレなカヴァーデザインも相まってずっと気になっていた。 とりわけ本書『ず …

バック・トゥ・ザ・19世紀『馬車が買いたい!』感想

私は基本的にはハードカバーの単行本を買いません。 何故なら(物理的に)重くて、読んでいて腕が疲れるから。 なので新刊本などは文庫落ちするまで読まないのですが―― (電子書籍端末などというハイカラな物は …

ニヤニヤ不可避漫画『塩田先生と雨井ちゃん』感想

短い漫画が読みたい。 というか、長い漫画を読む気力が無い。 そんなことを以前の記事で書きました。 今回扱う『塩田先生と雨井ちゃん』はこんな私の億劫な要望にもピッタリだった一冊でありました。 著者は【な …

ホラー?SF?寓話?評論?『ポオ小説全集1』感想

エドガー・アラン・ポーを初めて真面目に読みました。 本作を手に取るまでは精々が「江戸川乱歩の名前のネタ元でしょ」ぐらいの認識で、本作には収録されてませんが短編の『黒猫』だけ青空文庫でサラッと読んだこと …

ループをかちぬくぞ!漫画『盆の国』感想

最近歳のせいか10巻も20巻も続くような漫画を追いかけ続ける気力が無くなってきている私です。 10代の頃は何十巻でも嬉々として夢中で追いかけ続けられたのにね‥‥。 ところで『はじめの一歩』は今どうなっ …

元祖ファム・ファタル文学『マノン・レスコー』感想

昨今の画一的な萌えコンテンツに食傷気味のあなた。 連綿と続いてきた人類による創作を今こそ遡り、いっそのこと古典をあたってみるのはいかがでしょうか。 ということで本日は18世紀フランスの作家アベ・プレヴ …