同人活動

コミティア125の記録

投稿日:2018年8月23日 更新日:

スポンサーリンク

コミティア125サークル参加してきました。

もう数年以来の参加だったのですが、以前買ってくださってた方もお立ち寄りいただけて大変ありがたく感じております。

dav

当日頒布したのが以下の新刊『鳥籠から墓場まで。』です。
「揺り籠」の誤植ではないです、大丈夫です。

鳥籠というワードから窺えるように今回も前作引き続き娼婦のお話です。

『ココットさん』でフリーランスの私娼について描いたので今度は娼館に属してる娼婦について描いてみようと思い筆をとりました。

今回は舞台が中国っぽい感じにしたのですが、中国の売春事情について深く調べたわけではないので、あくまで雰囲気だけで描いちゃってるんですがね。

以前から調べていた19世紀フランスの性風俗知識をそのまま移して描いたのですが、性風俗に関しては世界各国それほど大きな違いがあるわけでもないと思われますので、ま、いっかなと。

これをまた一から満足いくまで調べて、資料集めしてなんてやってたら2年ぐらい掛かっちゃいそうなので、今手元にあるカードで如何に戦うかを考えて近頃は創作をしています。

 

今回舞台をフランスではなく中国にした理由は、直近で芥川龍之介『南京の基督』という短編小説を読んで感銘を受けたことからなんです。

『南京の基督』娼婦梅毒をめぐるお話なんですが、乱暴な言い方をすればこれに百合要素を足してこねくり回したのが本作です。

そうして物語の方向性が定まった後、『メゾン ある娼館の記憶』『上海異人娼館』などの映画を参考にディテールを詰めていった感じでした。

残念ながら僕は天才とかではないのでゼロからイチを生み出すことはできないと思ってますし、やろうとも思っていません。

以前はそういった【オリジナリティー】みたいなことについて悩んだりもしたのですが、今は結構吹っ切れてしまって節操なくこうしてネタ元を披露していくという端からみれば恥ずかしいスタイルに落ち着いてしまいました。

もし本作を読んで面白いと感じてくださった方がおりましたら、是非とも先に上げた作品も合わせてご覧になってみてください。

 

本作は読み返してみると自分でもいろいろ反省点の多い作品でした。

まず第一に「読者を無視して自分の好きな事ばかり描きすぎ」という点。

でもまぁこれは同人誌だし別にいっかとも思っておりますw

第二に「好きな事ばかり描きすぎてる故に物語上必要な描写が欠けていたり、逆に不必要なシーンがあったりする」という点。
これについては今後もう少し自分の作ったプロットを一旦冷静に精査するというステップを入れるべきだなぁと考えています。

第三に「デジタル作画の覚束なさ」という点。
以前までは線画までアナログだったのですが、今回は久しぶりフルデジタルで製作をしました。
その中で思い返すと不必要な作業や、巧く行ってない部分も多く散見されたので、これは今後の大きな課題かなぁと思っています。
理想としてはアナログ感のあるデジタル作画がしたい所なんですが、なかなか難しい物ですね。
慣れでしょうか。

 

ちなみに今回の新刊はBOOTHでもネット通販をしています。↓
https://ricalanduse.booth.pm/items/976386
注文ごとに我が家で一冊一冊手梱包して発送いたしますよw!
通販限定ペラいペーパーも付いてきますので、ご興味を持っていただけましたら是非とも一家に一冊『鳥籠から墓場まで。』をどうぞよろしくお願いします。

感想や叱咤激励なんかもドシドシお待ちしております。

 

ティア当日は比較的気温も控えめで過ごしやすい一日でした。

左右のスペースも感じの良い方々で、相変わらず僕はスペースで縮こまってましたが楽しいひとときだったなぁと回想しております。

少し風邪気味で体調は良くなかったのですが。。。

今回は製作スケジュールもガタガタでティアの前々日まで原稿をやっているという酷い修羅場だったのが原因でしょう。。。

 

次はおそらく来年の冬コミティアに参加する予定ですので、今後とも我がサークルをよろしくお願い致します。

秋の間は『ココットさん』の2話目を製作していこうと計画中です。
そちらも是非お楽しみに。

 

PS:当日僕の横で売り子をしてたちんまい女性が件の女史です。

スポンサーリンク

-同人活動
-, , ,

執筆者:

関連記事

Girls Love Festival 11

スポンサーリンク 出ます、Girls Love festival 11。 スペースはアルヴェ22、RICALANDUSEでお待ちしています。 新刊は・・・・・・ 落ちました!! いやぁ……流石に無理で …

GLFお疲れさまでした!

スポンサーリンク まず初めにお詫びを…… 今回当サークルは既刊『青イ星霜』11冊、コピー誌『何故君は(ry』15冊を用意して参加したのですが、信じがたいことに会場30分経たずに全て捌けてしまいました。 …

新刊『少女書簡』についての後書、もとい言い訳

スポンサーリンク えー、当サークルの新刊『少女書簡』、お手にとっていただいた皆様有難うございました。 読んで憤慨されている方もいらっしゃるかもしれません。 「おい、最終的に男とくっ付いてるじゃねえかッ …

COMITIA107

スポンサーリンク COMITIA参加された皆様、お疲れさまでした! 当サークル・RICALANDUSEも新刊を携え参加してきました。 事前の告知が間に合わなかったにも関わらず、想定外に多くの方に手に取 …

COMITIA108

スポンサーリンク ごきげんよう、久方ぶりの更新です。 来たる5月5日のCOMITIAですが、新刊一応出ます! 新刊 『少女書簡』 52頁 500円 スペース:T-33a ricalanduse 表紙は …