アニメ感想

エヴァに取って代われるか?アニメ感想『龍の歯医者』感想

投稿日:2017年3月11日 更新日:

先日放映されたスタジオ・カラーのアニメ作品『龍の歯医者』についての感想でも書いていこうかと思います。
元々はドワンゴとカラーが共同企画した「アニメーター見本市」という新進気鋭のアニメーターによる短編作品を集めた中の一本だった本作。
脚本・舞城王太郎、監督・鶴巻和哉。
庵野秀明氏も制作統括・音響監督としてクレジットされていて、そこかしこにエヴァっぽいなぁというシーンが散見される本作。
というか庵野さん、『シン・エヴァンゲリオン劇場版 :||』はどうなってるんですか!?
本作や『シン・ゴジラ』もいいけど、ちゃんとエヴァも作ってください~!
というエヴァファンの声は脇に置いといて本作の話題に戻りましょう。

公式によるあらすじ。

彼の国には龍が棲んでいる──
神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという…
舞台は “龍の国”。
主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。
隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。
少年の名はベル。
大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。
自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。
激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…

スタジオカラーとしてはエヴァビジネスも(出るか分からないが)次作劇場版で終わってしまうわけで、そろそろ次の【金のなる樹】を探さなきゃといった思惑があるのだろうか。
はたして本作『龍の歯医者』がその後継になれるようなポテンシャルの作品か否か、そんな事を考えながら本作を視聴していました。
お前は何様やねんというツッコミには視聴者様やねんと返しつつ。

結論から言えば面白かったです。
作画はやはり高品質で見本市の時とは違うキャラデザや水彩風の背景も有りだなと思いました。
3DCGの親和性も高く、特に人物や馬の3DCGが思いの外ちゃんと溶け込んでいて技術の進歩もここまで来たかぁと感嘆させられます。
『エヴァQ』の時は冒頭のブルーバックみたいな空でグルグルまわるヴンダーを劇場でみてゲンナリしていたのが懐かしく思い出されますね。
声優キャストの仕事も素晴らしかった。
見本市でもキャスティングされてた山寺さんや林原さんはもちろん、主人公の清水富美加さんが予想外に上手い!
トップ2のノノ感ある声と演技で「出家やめて声優になればいいのに‥‥」と思わずにはいられない。
世界観にはまだまだ語られていない謎が多く、そこら辺を解き明かす意味でも続編を楽しみにしたいところです。
しかし設定の謎というのは明かさなくてもむしろ視聴者の興味を引いて物語展開のトルクになる物もあれば、きちんと説明しないで濁してしまうと感情移入の妨げになってしまう物もあると思うのです。
とりわけ本作が戦争を扱っている物語であるのならば最低限どこの国とどこの国が争っていて、戦況はどうなっているのか等は説明してくれても良かったのでは?
公式サイトにはセルペナーダがうんぬん書かれてますが、どこやねんそれ。
あと龍に纏わる設定も所々よくわからない。
後編冒頭で航空機内のライター女性が「国際条約によって龍の戦争参加が禁じられて数十年が経過し――もはや龍は国家の力の象徴では無くなった」と言っていたので「第二次世界大戦下で各国が龍を兵器として運用してる設定かなぁ」と思っていたのですが、トーチカから観測してる敵国将校みたいな人が「どうせ契約とやらで龍は直接戦闘には加わらんのだ」とか言い始めた時は「‥‥え?じゃあ何なん、あの龍‥‥」って感じでした。
置物か?
クライマックスに至って初めて出てくる龍宮やら宮司やら親知らずとかいう設定も「そんな急に言われましても‥‥」感が否めない。
もう少し前もって伏線撒いとくとか、例えば前編の野ノ子とベルの禊のシーンでちょろっとでも出しとけば良かったのではないかなぁ。
柴名の行動原理はきちんと描くのに敵国や敵大将・ブランコについては記号的な悪者としての描かれ方しかしていないのでベルが一計を講じてブランコを倒してもイマイチ消化不良な感があります。
ラストのベルの語りをバックに野ノ子たちが龍に歯を返す一連のシーンは素晴らしかったです。ストリングスのBGMが優秀でしたね。
いなくなったベルを探す野ノ子と歯を通って吐き出されたベルの遺品は余韻もたっぷりで良い締めでした。

エヴァに取って代われるコンテンツかは今作では何とも言い難いかなぁと思います。
これからの展開次第でしょうか。
設定の謎が明かされた後に再視聴したら色々と見方が変わりそうな気がしますし、是非1クールアニメで作っちゃってくださいよ。
‥‥『シン・エヴァンゲリオン劇場版 :||』を作り終わったあとでね。

スポンサーリンク

-アニメ感想
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

壮大な自由研究映画『ドラえもん のび太の創世日記』感想

現在絶賛公開中のドラえもん映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を近々観に行こうかと思っておりまして、その前に予習の意味も込め過去のドラえもん映画を観ておきたいなぁと。 私は幼少期にドラえもん …

【2017年】今期アニメ視聴リスト&雑感【春クール】

そろそろ桜も散り始める今日この頃。 春開始の新アニメ作品が大体全部第一話の放映を終えましたね。 50本近くあるようなので流石に全て見ることはできませんが‥‥。 現状11本ほどチェックしたのでザックリと …

最新作『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』感想

現在絶賛公開中のドラえもん長編映画最新作『のび太の南極カチコチ大冒険』をドラえもん好きの知人と一緒に観てきました。 今作は公開前から従来と一風変わった雰囲気の宣伝ポスターが一部で評判を呼んでおり、かく …

綺麗な映画『言の葉の庭』感想

またしてもアニメ映画の感想です。 現在進行形でその名を轟かす新海誠監督の前作『言の葉の庭』を今更ながら鑑賞いたしました。 ちなみに『君の名は。』は観てません。 『君の名は。』は観てません! 観てません …